« 中央大学 | トップページ | 決断力-その2 »

2012年2月13日 (月)

決断力-その1

娘の通う春日丘啓明。今年東大を受験する生徒の数が過去最高であるということです。高3で受ける模試の結果を見ても(娘が受験した全ての模試の結果を確認しました)、文系に限れば東大と名大とでは大きな偏差値の開きがあります。例えばある模試で、東大文一がC判定でも、名大の法学部はA判定(しかもかなり上位)になります。名大医学部を除く理系でも状況は同じではないかと思います。名大に軽く合格できる力がある生徒達が東大を受験するわけです。しかも名大より東大の方が合格しにくいわけですから、彼らの決断力に拍手をおくらないわけにはいきません。是非とも、春日丘啓明から東大を受験する生徒諸君全員が合格してくれるよう、心から祈っています。世間の評価では「アヒルの子」が実際は「白鳥の子」であったことを是非とも見せつけてください。

« 中央大学 | トップページ | 決断力-その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事