« 日々雑感・・・2014年8月その1 | トップページ | 今日のおやつ・・・31 »

2014年8月 7日 (木)

言語スキル教室・・・国語専門教室

子育て真っ最中の保護者の皆さん、こんにちは(こんばんは)。
要学院塾長です。


先日の言語スキル教室の授業は、2014年度東海中学校の入試問題を使った第3回目の授業を実施しました。

東海中学校入試問題
 南アフリカ共和国で白人が黒人を差別したアパルトヘイト(人種隔離)政策の撤廃に尽くしたネルソン・マンデラ元大統領が、六日に九十五歳で亡くなりました。追悼式が十日、ヨハネスブルグのサッカー競技場で営まれ、国民や首脳らが別れを惜しみました。
 アパルトヘイトは、法律で白人と黒人の住む場所を分け、異人種間の結婚も禁じました。マンデラ氏は、この法律に反対して武装闘争を指導して逮捕され、二十七年間を刑務所で過ごしました。でも、刑務所で暴力や嫌がらせを受けながらも、悪いのは人ではなく制度と思うようになったそうです。
 南アフリカを変えるには、武力よりも人種を越えて気持ちを通じ合わせることが必要でした。釈放後は、そんな姿勢でアパルトヘイトの撤廃に取り組み、一九九一年に実現します。九三年にノーベル平和賞を受賞し、その翌年、大統領になりました。
 追悼式には、約百の国や国際機関の首脳らが出席しました。参加した米国のオバマ大統領は、学生時代にマンデラ氏に影響されたそうです。「不可能に思える問題でも成し遂げられると私たちに思い出させてくれる」とたたえました。     (平成二十五年十二月十五日 中日新聞記事による)

問1 この新聞記事を七十字以内で要約しなさい。

この問題に対する生徒諸君の最初の解答は以下の通りです。
A君「南アフリカでマンデラが亡くなった。マンデラは長い間刑務所で過ごし、悪いのは制度と思うようになり九三年にノーベル賞を取り大統領になった。」
B君「人種隔離政策撤廃に取り組んだマンデラは政策に反対し武装闘争を指導し逮捕され27年間刑務所で過ごし1991年政策を撤廃し大統領になった。」
Cさん「アパルトヘイトは法律で色々なことを禁じたりした。それに反対したマンデラは二十七年間の刑務所生活から悪いのは人と思い、釈放後は撤廃を実現させた。」

言語スキルの指導後に書いた書いた要約文は以下の通りです。
A君「アパルトヘイトを撤廃したネルソンマンデラが亡くなりヨハネスブルグのサッカー競技場で追悼式が行われた。」(53字)
B君「アパルトヘイトを撤廃したネルソンマンデラ元大統領が、九十五歳で亡くなり、追悼式がヨハネスブルグのサッカー競技場、営まれた。」(62字)
Cさん「アパルトヘイトの撤廃に取り組み、ノーベル平和賞受賞者のネルソン・マンデラが亡くなり、ヨハネスブルグのサッカー競技場で追悼式が行われた。」(67字)

内容的には非常によくなりましたね、A君の53字はもう少し増やした方がいいかもしれませんね。


Photo

Photo_2







3_2

私立中学受験なら【要学院】
http://kaname19.jp
詳細はホームページをご覧ください。

« 日々雑感・・・2014年8月その1 | トップページ | 今日のおやつ・・・31 »

私立中学受験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1641520/57006604

この記事へのトラックバック一覧です: 言語スキル教室・・・国語専門教室:

« 日々雑感・・・2014年8月その1 | トップページ | 今日のおやつ・・・31 »