« 秋季リーグ2014・・・スタート | トップページ | 塾対象説明会2014・・・愛知工業大学附属中学校と名電高等学校 »

2014年9月17日 (水)

ハートレスな出来事・・・産経抄

子育て真っ最中の保護者の皆さん、こんにちは(こんばんは)。
要学院塾長です。

先日の時事問題要約教室で使った題材は冒頭のコラム。
段落毎に読んだ後、生徒諸君に「不明な語句はありますか?」と問うたところ、以下の語句が「わかりません」という反応。

「エッセイスト・視覚・輩(やから)・捨てぜりふ・脅威・構内・心得違い・全盲・造語・ハートレス・冷酷」

これらの語句を身につけるためには「語句の意味を知るとともに、短文作りが重要です」。

例えば脅威、「新解さん(新明解国語辞典)」には「力のあるだれ(何もの)かに脅かされること」とあります。この語句を使って小学生が短文を作る場合、相手が強い場合によく使われることを指導しないとダメですね。「僕にとって隣の猫は脅威だ」よりも「隣の国は日本にとって脅威だ」の方がニュアンスがでます。短文作りを通して語句の意味やニュアンスを理解させることが重要というわけです。

次の言葉で短文作りを練習してみましょう。
「遅きに失する」(最近流行りましたね)
(南山男子部の入試問題からは・・・以下の語句)
否定的・教育的・懐疑的・意識的・根源的
優位性・安定性・創造性・持続性・後進性
一般的・量的・専門的・総合的・質的

語彙を増やすことは、精神年齢を上げ、国語の成績を上げる基本です。まずは1日一つの語句を身につけるよう努力してみましょう、といっても保護者の方の努力なくしては成り立ちませんが。

« 秋季リーグ2014・・・スタート | トップページ | 塾対象説明会2014・・・愛知工業大学附属中学校と名電高等学校 »

私立中学受験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1641520/57411314

この記事へのトラックバック一覧です: ハートレスな出来事・・・産経抄:

« 秋季リーグ2014・・・スタート | トップページ | 塾対象説明会2014・・・愛知工業大学附属中学校と名電高等学校 »