« 滝中入試問題「骨」・・・2015年 | トップページ | 東海中学校春の・・・ »

2015年4月 5日 (日)

都道府県の暗記は4つの・・・

子育て真っ最中の保護者の皆さん、こんにちは(こんばんは)。
要学院塾長です。


要学院の春期講習が終了しました。今回の5年生は都道府県についての学習をしました。このあたりは、いわゆる大手のテキストでは4年生で学習します。

大手の塾(小学4年生)でのある日の授業内容
鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・香川県・徳島県・愛媛県・高知県の9県を60分から90分程度で学習するスケジュールです。1県あたり7分から10分です。その範囲の太字で書かれた重要語句は全部で43個程度(例・・・瀬戸大橋、後楽園、明石海峡大橋、宮島、厳島神社、鳥取砂丘、日本なし、宍道湖、出雲大社、石見銀山遺跡、秋吉台・・・・)となっています。

このようにたくさんの事項を短時間で覚えられる生徒はいわゆる「地頭の良い生徒」ですから、そんなに手をかけないで東海や南女に合格していくでしょう。

これらの内容を普通の生徒の場合は、家庭学習でもう2時間から3時間かけて自習して身につけますが、なかなか大変です。覚えきれない生徒が出てきます。それどころか、基本的な事項さえ暗記できずに終了となってしまうわけです。これが大手の授業の実態です。

要学院の春期講習では、1県につき20分で暗記事項は4つのキーワードのみとしました。これなら暗記できない生徒は全く存在しなくなります。それから形でもイメージできるようにしました。下の鶴は何県ですか?今年の椙山女学園で出題されましたね。

Photo


« 滝中入試問題「骨」・・・2015年 | トップページ | 東海中学校春の・・・ »

私立中学受験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1641520/59516036

この記事へのトラックバック一覧です: 都道府県の暗記は4つの・・・:

« 滝中入試問題「骨」・・・2015年 | トップページ | 東海中学校春の・・・ »