« 南山男子部新校舎工事ス・・・ | トップページ | 忘れません、西経一校長を・・・ »

2015年4月 8日 (水)

さようなら西先生・・・

子育て真っ最中の保護者の皆さん、こんにちは(こんばんは)。
要学院塾長です。

西校長が転勤されました。

西の風「最終号」より転載

南山高等学校・中学校校長 西経一はこの3月31日をもちまして退任いたしました。この回が最終号となります。

2015年3月20日 中学卒業式、修了式 式辞

 まず、聖歌と聖書朗読、卒業証書授与があって、少し時間が経ちましたので、具合の悪い人はあらかじめお座りなさいね、みんな座る必要はないよ。

 中学3年生のみなさん、ご卒業、おめでとうございます。本当に3年間、よくがんばりました。みんなががんばった様子を、私はほとんど知りません。残念ながら授業も、そしてもちろん担任もしていないので、みなさんの具体的な様子はよくわかりませんけれども、こうして一緒に卒業の日を迎えることができたことを、心から本当にうれしく思います。みんなは、今度はそのすぐ隣の高校生の仲間に入るわけですから、しかも高1高2、来年からこの6カ年の中核を担うその一員になりますから、ぜひまた新たな気持でこれからの生活を充実したものとしてくださるように、心からお願いします。そして中学1年2年のみなさんは、そちら側に、今度は見えない中1がいるので、ぜひ中3の先輩がみんなにやさしく接してくださった模範にならって、新入生を4月からあたたかく、やさしく迎えてあげて、そして新しく入って心細くなっている後輩が、「ああ、女子部に入ってよかった」って。そういう女子部にしていただければと思います。ぜひ、新入生のみんなをやさしくあたたかく迎え入れてあげてください。今日、この中学の卒業の日、および1年間の修了にあたって本当にみなさんよく努力なさって、いろんな報告は受けていますが、みなさんがほんとにしっかり頑張ったということを結論として報告をうけていますから、とっても今、心が安らかです。みなさんが今後、ぜひ心に留めておいていただきたいことを、二つ、話をします。

 ひとつは、自分の、自分に与えられたものを、ぜんぶ使って自分の人生を生き抜いてほしい、ということです。短所も、欠点も、弱点も、良いところも、長所も、全部使い切って、生き抜いてほしいっていうことです。わたしは、南山大学の教科教育法という教科、科目を担当してきて、大学生のみんなにそのことをいつも言っていました。でも大学生になると、もう手遅れなんだね。この前は学校の先生たち、みんなの先生方にお話を頼まれて、この前って・・昨日、おとついしたんです。でも手遅れだね。もう大学生で手遅れだから、先生たちに話しをしても大幅に遅れている。(笑)でも、中学生、高校生はちがう。今語っていることをぜひ、心に留めてください。自分の弱点も欠点も、足りないところも、良い点も長所も、全部使って生きるんだよ。欠点弱点はね、傷つきすき間になるんだ。深く深く傷つくことがある。人にばかにされたり、足りないと言ってけなされたりすることもあります。でも傷口のない人は、その痛みとか、悲しみを、心に染み込ませることができません。欠点や弱点を持っているってことは、人の痛みや悲しみが深く深く心に染み込むっていうことだ。その入り口を弱点と言うんだ。弱点をたくさん持っている人が、人の痛みや悲しみを、いっぱい吸収する入口をもっているっていうことなの。だから、みんなもしっかりそれを使って、なげいたり、ひがんだり、うらやましがったりする出口にするんじゃなくて、人に対する愛情の吹き出し口、出口として、与えられたものなんだということを心に留めて、大いに活用なさい。わたしなんかほらもう、これいっぱいネタにしてきたよ。(おでこに手を当てて)ははははは。さっきもね、卒業生がひどいよ、「先生、写真を撮ってください」って言って、シャッターを押すなり「まぶい」って言うんだよ。(笑)ははははは。失礼な連中だ。わかる?ぬけているところは輝くんだ。(笑)だから何でも満ちていればいいとか、何でも満たされていればいいとか、あれが足りないこれが足りないではなくて、それを生かし輝かすんだ。弱点は、欠点は、神さまが与えてくださった大きな大きなお恵みなんだ。それを嘆くんじゃなくて、いただいた宝物として、活用なさい。長所はいばるのではなくて、差し出す手のひらとして、活用しなさい。足りないところは、弱点は、受け止めるくぼみとしなさい。どちらも、全部を使い切って、ぜひぜひみんなの人生が豊かなものになるように、各自努力するように、心からお願いします。

 それからもう一つは・・私は長崎に転勤しますけど、そこで連絡をしたわけ。わたしの部屋はもう空けたんですよ、こっちの部屋を。きれいに片付きました。そして向こうに送ろうとして。そしたらね、「あ、西先生ですか?あ、お部屋はまだありません。」ははははは。(笑)まだありませんて言うのね。それで「いつ空きますか」っていったら「4月の8日に空きます」(笑)ははははは。だから、私は旅人だね。リュックをしょって一人で行きますけど、向こうにお部屋がまだないのね。しばらく、外で、どこかで泊まると思います。でもね、みんな、いいかい、青春は旅立つ時だ。古い今までの自分の考え方とかにとらわれないで、みんなはいつも旅立ってほしい。出発するんだよ、新しい自分へと。古い自分を捨てて、新しい自分へと旅立つ時だ、青春は。いじいじと今までのことを根に持ったりせずに、そんなことしていたら本当に時間の無駄だ。明るく前を向いて「今日から私は新しい人になる。」って。それをお祝いする行事をカトリック教会では復活祭っていうんです。「古い自分を捨て去って、新しい自分になります。」どうかこの修了式、卒業式が古い自分を脱ぎ去って新しい自分への旅立ちの時となることを、今一度心に留めて、お願いしたい。いまそのことで締めくくると、さっき話したこともう忘れたでしょ・・抜けているところも、活用するんだよ。弱点も欠点も喜んで受けとめなさい。そして、よし、やってやるぞっていう気持ちで、新たな気持でまた旅立ちなさい。そのことをみんなにお願いして、卒業と修了式の式辞とします。
みんなが元気で、新年度、顔をそろえてまたここでお互いにお会いできることを心から願っています。以上です。

« 南山男子部新校舎工事ス・・・ | トップページ | 忘れません、西経一校長を・・・ »

私立中学受験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1641520/59558397

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら西先生・・・:

« 南山男子部新校舎工事ス・・・ | トップページ | 忘れません、西経一校長を・・・ »