« 名古屋学院報 149号 | トップページ | 大学合格実績 <金城学院高校> »

2017年6月14日 (水)

要学院通信2017年6月14日号より

要学院では、授業の翌日「要学院通信」を発行しています。6月14日号より抜粋します。

皆さんへ
こんにちは。

昨日、聖霊中学校で開催された「学習塾対象の説明会」の続きです。

大学入試という視点で考えれば、聖霊もかなりお得な学校であると思います。

お得な理由その1・・・南山大学への推薦枠がたっぷり

南山学園ですから南山大学への推薦枠が61名(2017年度)あり、それを利用して南山大学へ入学した生徒が42名(2017年度)います。

因みに南山男子部は推薦枠が50名あり、それを利用した生徒が今年は11名で、全合格者は47名(現役36名・過年度生11名)でした。

南山女子部からは、学内推薦8名、一般入試で85名(現浪合計)でした。

淑徳は今年、南山大学へ137名の合格(現役127名・過年度生10名)でした。

金城からは、南山大学へ49名の合格でした。

お得な理由その2・・・カトリック校の推薦枠がある。
カトリック校(大学)への推薦枠があるのは、愛知県では「南山学園と聖カピタニオと光ヶ丘女子」で、カトリックの大学は、上智大学・聖心女子・白百合女子大・清泉女子等があります。特に上智大学は、早慶上理と呼ばれるように日本の私大トップクラスとなっています。

聖霊から上智大学への今年の合格者は5名。
南山男子部からは7名。
南山女子部からは3名。
淑徳からは7名。
金城からは3名。

大学合格実績は各学校発表の数字。

聖霊の大学受験への取り組みは高校3年生から本格化するという点もポイントですね。

過去に書いた記事より
要学院塾長のブログ
要学院塾長のブログ

« 名古屋学院報 149号 | トップページ | 大学合格実績 <金城学院高校> »

私立中学受験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1641520/70860756

この記事へのトラックバック一覧です: 要学院通信2017年6月14日号より:

« 名古屋学院報 149号 | トップページ | 大学合格実績 <金城学院高校> »