« 聖霊中学校 VAP説明会 | トップページ | 問題を解くこと(要学院通信より) »

2018年3月30日 (金)

要学院通信<3月30日号>

要学院では、授業終了後に要学院通信を送信しています。
以下は3月30日号の要学院通信です。

皆さんへ
こんにちは。

毎年、いろいろな個性の生徒諸君を見てきます。もちろん受験勉強に関する個性です。慎重や体重、性格が千差万別であるように、学習が身につくということも個性的です。

例えば、速さの問題で「時速60キロと時速40キロでA地点とB地点を往復したときの平均速度は時速50キロではないですよ」と授業をします。1回の授業で次からミスしない生徒もいれば、何回もミスする生徒がいます。1つのことを理解し、覚えるまでの回数は千差万別です。

ご家庭で保護者の方が指導する際には「これ以前に教えたよね?忘れたの?」と言ってしまいがちですが、要学院ではそんなことは言いません。何度(5回でも10回)でも丁寧に教えます。

最終的にわかってもらうことが我々の仕事ですから、いくらでもミスしてくれていいのです。

「えーっっ、まだわからないの??」なんていう塾教師は失格で、その瞬間に子どもたちは「しょぼーん」とします。

大手の学習塾は毎週のカリキュラムが固定しているので、5回も10回も教えている暇はないです。のんびりタイプ(何度も教えてあげないといけないタイプ)の生徒には辛いですね。わからないまま、次から次へと進んでしまい、わからない貯金が積み上がっていきます。

« 聖霊中学校 VAP説明会 | トップページ | 問題を解くこと(要学院通信より) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1641520/73205169

この記事へのトラックバック一覧です: 要学院通信<3月30日号>:

« 聖霊中学校 VAP説明会 | トップページ | 問題を解くこと(要学院通信より) »