« IB 名古屋国際中学・高等学校 | トップページ | 大変だ、合格できないぞ!! »

2018年5月21日 (月)

男子部と女子部、説明会に行ってきました。

19日(土)の南山女子部説明会、20日(日)の南山男子部説明会に参加してきた。どちらも入試問題の解説が行われ、大変貴重な話をたくさん聞くことができたよね。

この説明会に、参加しない受験生なんて「あり得ない」し、メモを取らない保護者も「あり得ない」!!

男子部発表では20日には2000名を越える参加があったそうだ。午前中の申込者に午後に来ていただくよう連絡があった模様。

このブログで、徐々に話していくが、両校の説明会を通じた全体的な印象としては「我が子を丁寧に育てる」ことが重要であるというメッセージを大いに感じた。

勉強でも、生活でも「我が子を丁寧に育てる」ことができるのはその保護者だけ。その保護者の取り組みや考え方が、合否に影響を与える可能性が大きいというのは、要学院塾長も常に感じていることだよ。

例えば、女子部の国語の先生曰く、
「記述問題の答え合わせは自分だけでしてはだめです。必ず、お母さんにしてもらいましょう。」

答え合わせをするために問題文を読むお母さんがどれだけいるのかな??
多くの人は読まないし、読んでも答え合わせをしてあげられない。

だから子どもを塾へ行かすわけだ。

しかし、生徒一人一人の記述内容を細かく見てくれる塾がどれだけあるのかな??
毎回毎回、添削してくれる塾はほとんど無いわけだ。

そこでお母さんの仕事は「そういう指導をしてくれる塾を探す」ことになる。
探せなければ、お母さんが見てあげるしかないよね。

このように、一つの塾で全てが完結しているという塾はなかなか無いのだ。
しかし、しかし、しかし、探せばどこかにあるはずだ!!


情報勝者になるために、お母さんが頑張ろう。それが無理ならおかあさんが塾の先生になれるくらい勉強しよう。

補足
知識を伝達するだけでは、今の入試では通用しないよ。
男子部の説明会で社会の水口が話していたことが重要だ「米の生産が多い県を覚えるだけではだめ!その理由も考えること!!」
さぁ、どうする??

今通っている塾で大丈夫かどうか、しっかりと判断して、さっさと手を打とう。


写真は南山男子部FBより
Img_0967


« IB 名古屋国際中学・高等学校 | トップページ | 大変だ、合格できないぞ!! »

私立中学受験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1641520/73527627

この記事へのトラックバック一覧です: 男子部と女子部、説明会に行ってきました。:

« IB 名古屋国際中学・高等学校 | トップページ | 大変だ、合格できないぞ!! »