« 合格するための単純な努力 | トップページ | 「一人一人にふさわしい道順を示す」ために »

2022年3月11日 (金)

志望校に合格するために

要学院通信から抜粋です。

ーーーーーー

皆さんへ

 

こんにちは。

昨日、合格するために実行することをお話ししましたが、もう少し具体的な考えについてお伝えしましょう。

 

我々は、皆さんの志望校と現時点での学力との差を常に考えています。

 

例えば、A君の志望校が南山男子部だとします。

現時点で、A君が南山男子部合格に不足しているのは何かを常に考えます。そしてそのギャップを埋めるために、授業・課題・カリテの組み立てをします。不足する内容は知識だけとは限りません。考える力を養う必要があればそれを意識して宿題を課しますし、世の中を知る力が必要とあればその力を養成するための宿題を課し、文字が乱雑であればそれを直すように指導します。そのようにして、A君が南山男子部に合格するための道順を示します。

 

一人一人にふさわしい道順を示すためには、皆さん一人一人の志望校に対し「合格するためにはどのような学力が必要で、どのような生徒でなければいけないのか」を我々が知っていないといけません。我々には長い経験を通じて手に入れた知識があります。いちいち「不必要な外部模試」を受験しなくても、現時点での学力と合格するのに必要な学力の差がわかります。

 

その差を埋めるために、皆さんに道筋を示すのが要学院です。

示された道筋を確実に歩んでもらえれば合格できます。

 

皆さんが志望校に合格できる力を養うために、カリキュラムやカリテ内容は毎年変更しています。

我々の言うことを信じて、実行してくれれば、いつまにか志望校に合格できる力が身についています。

 

共に頑張りましょう。

 

Img_0156_20220310162701

 

 

 

 

 

 


 

« 合格するための単純な努力 | トップページ | 「一人一人にふさわしい道順を示す」ために »

要学院」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 合格するための単純な努力 | トップページ | 「一人一人にふさわしい道順を示す」ために »